2013.08.25アウトランダーPHEV ガイドツアー!

facebooktwitter

※本ガイドの車両は2013年度モデルです。
いらっしゃいませ!
これからアウトランダーPHEVをご案内させていただきます!

こちらのアウトランダーPHEVは、世界初の4WD・SUVタイプのプラグインハイブリッド車です!

 

伸びやかなサイドビューは高級感がありながら、専用デザインの大径18インチアルミホイールがSUV車であることをしっかり主張しています。

 

ご存知の通りプラグイン・ハイブリッド車とは、外部から充電(プラグイン)できるハイブリッド車のことです。

アウトランダーPHEVも、ご家庭の車庫等で簡単に充電することが出来ます。

 

車庫等にご用意いただいたコンセントから、こちらの充電ケーブルを繋ぐだけで充電が出来ます。充電時間は、200Vで4時間です。
※コンセントの設置には工事が必要です。

さらに、「急速充電機能」を追加して頂くと、お出かけ先のサービスエリア等に設置してある急速充電器を利用することが出来ます。急速充電ではおよそ30分で80%の充電が出来ます。

アウトランダーPHEVは、バッテリーが満充電の状態から約60kmのEV走行が可能です。

 

電気を蓄えるバッテリーは、床下にレイアウトされています。

重量のあるバッテリーが床下にある為、走行中の安定感は他に類を見ません!

 

バッテリーに蓄えられた電力は、前輪と後輪にそれぞれ用意された駆動モーターに伝えられます。

前後にモーターを用意するツインモーター方式を採用したことで、一つのモーターで4輪を駆動する方法に比べ、よりレスポンスが良く、きめ細かくコンロールが出来ます。

その4輪の制御には、ランサーエボリューションパジェロで培われた4WDの技術が注ぎ込まれています。

バッテリーの残量が十分な時は、基本的にエンジンを使わないEV走行をしますが、バッテリーの残量が低下した時や、急加速時は、エンジンが自動的に発電しながらモーター走行します。

まさに、自分で発電する電気自動車です!

 

また、バッテリー残量が少なく、高速走行等でより効率が良いと判断された時はエンジンが直接前輪を駆動する場合もありますが、これらの切り替えは自動で行われます。